高崎市のリフォーム・リノベーション会社

戸建て住宅リノベーション

戸建て住宅リノベーション

住宅リノベーション

renovation01
近年増えつつある中古住宅
そんな中古住宅を新築時以上の機能・性能を持たせ再生させる。
現在住んでいる家
今やこれからの家庭環境に合わせて、快適に暮らしていきたい。
それらを可能にするのが住宅リノベーションです。

リフォームとリノベーションの違いは
リフォームは古くなったものを交換や直すといった新築時に戻すという意味合いがありますが、
リノベーションは機能や性能を入れ替え、今まで以上のものとして住宅再生させ、新たな価値を創り出す事を目的としています。

リノベーションする上で重要なポイントがあります。

1.断熱性能

renovation02
中古住宅で一番懸念される部分が、寒い、暑いといった季節感が直接響く断熱性能です。
この部分は住んでからでは工事が大変な部分なので、それ以前にやっておきたい工事です。

2.設備配管の更新・メンテナンス性

renovation03
設備配管の対応年数は一般的に約30年と言われています。
この部分は全て入れ替え、更にメンテナンスをできる状態にしておくかとが重要です。
かつての住宅ではメンテナンス性があまり考えられていなかった為に万が一の漏水が起きた場合でも、直す事も大変ですが、場所を特定する事ですら容易ではありませんでした。

3.耐震性能

renovation04
現行の建築基準法(1981年)以前の建物やそれ以降の建物でも、構造材の腐食やシロアリ等の被害を受けているケースがあります。
この部分は的確な補強を行い、改めて建物全体としての強度を見直し補強を行う事も重要となってきます。

4.省エネ性能

renovation05
現在のシステム設備機器や給湯器などは省エネ化がかなり図られています。
節電、節水の商品はもはや当たり前の性能となっています。それらを入れ替える事は快適さと共に住宅としての価値を高める事につながります。

5.意匠性

renovation06
住宅リノベーションの最大の見せ場です。
新築では土工事、躯体工事といった、見えない部分に多くのコストを費やします。
リノベーションはすでにあるものを使用するので、そういった部分のコストをデザインにかける事が出来ます。

これらの要素によって、中古住宅に価値と性能をもたらす事ができます。

住宅リノベーションにおけるメリット・デメリット

1.メリット

中古住宅を購入してリノベーションを行えば、新築住宅を購入するよりコストが抑えられる
例えば・・・
40坪の新築住宅計画の場合
土地費800万円+建物費2400万円=合計3200万円

中古住宅リノベーション計画の場合
土地・建物費900万円+フルリノベーション工事費1500万=2400万円

あくまで平均的な価格帯でのシュミレーションですが、確実にその差は生じます。
また、建売住宅と比較してもコスト的には同等に抑える事ができます。
建売住宅は間取りが決まっていますが、
中古住宅リノベーションはある程度まではご要望に応じた間取りを計画できる事もメリットになります。

2.デメリット

間取り・立地条件の制約

すでに建てられているものなので、立地条件を変更する事は出来ないので、リノベーションにおける建築的な手法で立地に関する問題を解決しなければなりません。
また、間取りの変更はある程度は可能ですが、構造的な観点から制約が入る場合があります。

このようなメリット・デメリットを考慮してお客様にはご提案を致します。

物件探しからのお手伝い

renovation07
当社では不動産業者と連携をしてご要望の条件に合った物件探しからお手伝いを致します。
また、不動産購入前に概算見積もお出しできますので、トータル的な資金計画をする事が出来ます。

近年、空き家問題が社会問題としてあります。
中古市場は今後更に増えていく状況にあります。
しかし、それをストックし再生させる事は地域社会問題を解決し、境問題を通じても貢献していくことになります。
アールプランは中古再生事業を通して地方創生に努める企業です。

inq

対応エリア

群馬県(高崎市、前橋市、伊勢崎市、安中市、桐生市、太田市、みどり市、渋川市など県内各市町村)、東京都、埼玉県、栃木県、神奈川県、茨城県、千葉県、長野県

アクセスマップ

PAGETOP
Copyright © 株式会社アールプラン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.